お米の話

知って損しないお米の話

お米を食べる事のメリット

私達は現在、当然のようにお米をほぼ毎日食べています。
種類も豊富で無農薬米や有機米などが存在します。
これらのお米はインターネットで手に入れる人が増えています。
インターネットならば品揃えも豊富であるため、まだ購入したことのない人は利用してみるとよいのではないでしょうか。
このようなお米ですが、食べる事でどのような利点が存在するのでしょうか。
お米は現在私たちが食べている白米の状態になってしまうと、それほど栄養のあるものではありません。
しかし、料理においては重要な役割を果たし、他の食べ物がどんなものであっても、たいていならば相性良く食べる事ができます。
この性質を最も端的に表しているのは丼だと思います。
様々なものを丼の上に置いて食べますが、たいていのものなら相性よく食べられます。
他の食べ物でこのようなことができるのはないのではないかと思います。
このような理由から、お米は長い間日本人の食卓の主役であり、飽きられずにその役割を果たしています。
他にも、おにぎりもお米の万能さを表していますね。
どの食べ物とも相性がいいため、お米は常に活躍できるのです。

ご飯の炊き方

お米の味は、無農薬かそうでないかというのも重要ですが、どのように炊くかによっても大きく左右されます。
美味しい方法を学べば、どのお米でも美味しい味を楽しむことができるのでぜひマスターしてみてください。
まず、どのようにお米を洗うかです。
一般的には、手でお米をこすり合わせ、水から白い濁りが消えるまで繰り返し洗うということが行われているでしょう。
しかし、技術も向上してきたので、ここまでする必要はありません。
たくさんの水の中にお米を入れ、すすぐ程度のことをしたら水を入れ替え、それを4〜5回繰り返せばよいのです。
水の量は炊飯器に従ってくれればよいですが、それは基本的な分量であるので、多めにしたり少なめにしたり用途によって使い分けるとよいでしょう。
お米の種類によっても異なり、新しいお米の場合、水は少ない方が良く、無洗米の場合、水は多めの方がいいらしいです。
お米を洗ったら30分以上2時間以内くらい放置します。
これも季節によって異なり、夏場は短くてもよいですが、冬場は長い方がよいらしいです。
ここまでで準備は完了なので、炊飯器をオンにしてみましょう。
炊けた合図がでたら、すぐに蓋をあけずに約10分そのままにします。
この蒸らしもポイントです。
以上の手順がベースですので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ